福岡・東京・大阪で遺品・遺産整理のご相談はお任せください おひとり様の遺品・遺産整理

運営:株式会社ネクストイノベーション 行政書士事務所ネクストイノベーション

面談予約はこちら

お気軽にお問い合わせください 0120-48-1120 受付時間 9:00~18:00(平日) 土日相談(要予約)

  • トップ
  • ご相談から解決まで
  • サポート内容
  • 料金
  • 会社概要
  • お問い合わせ

おひとり様の遺品整理(死後事務委任)

■こんなお悩みありませんか?


□ 自分が亡くなった後の手続きはどうしよう
□ 子供がいないから、葬儀やお墓の手配が心配
□ 独身なので、もしもの時に頼れる家族がいない
□ 同世代の兄弟や親族に後を託すのは不安
□ 親族と長年疎遠にしている
□ 遠方に暮らしている親族には負担をかけられない

 
上記の項目に一つでもチェックが付く方は早急に対策が必要です!

おひとり様の遺品・遺産整理サポート(死後事務委任)

ご自身が亡くなった後には必要な手続きは70種類以上あるといわれています。
どれも放置してしまうと多くの方に迷惑をかけてしまう事態になってしまうこともあります。

通常、亡くなった後の手続きは家族や親族が行いますが、
もし親族や身寄りの方がいない場合、誰もそれを手続き・処分してくれません。
そこで、身寄りのない・家族の手を煩わせたくないお客様の代わりに当社の司法書士や行政書士が代わりに遺品・遺産整理の全ての手続きを行います。
 

必要となる様々な手続き
 

■死後の手続きに関するよくある誤解

1.親族がいない場合でも、役所は遺品整理をしてくれない

亡くなった後の手続きに関して役所がしてくれるのは自治体ごとのルールに従って火葬を行い、提携する寺院の合葬墓などに納骨を行うだけです。
お部屋の片付け(遺品整理)の費用は自治体からは出ないので、準備をしておかないとオーナさんや不動産会社等の多くの方に多大な迷惑がかかってしまいます。

2.葬儀社に依頼できるのは、基本的に葬儀のみ

葬儀社が行ってくれるのは基本的には葬儀のみです。
役所の様々な届出やお部屋の片付け(遺品整理)などの手続きは行ってもらえません。
 

3.遺言で決められるのは、遺産の分割方法のみ

遺言書に書いて法的な効力を持つのは、主に財産の分け方についてです。
残された家族への財産の分け方や寄付について決めることには大変有効です。
しかし、家の片付けや葬儀などの内容について記すことはできないため、遺言だけでは不十分です。
 

4.後見人は、死後の手続きを行うことはできません!

後見人は、認知症対策のための制度であるため、本人が亡くなると同時に契約が終了してしまいます。
後見人に、葬儀や遺品整理などの死後手続きを頼むことはできません。

 結論:
身寄りのない高齢の方は、亡くなった後の遺品整理ができず、
周囲に金銭的・時間的に多大な迷惑をかけてしまう!


■当社でできること

 
葬儀・埋葬の手配 ご家族の代わりに、葬儀の喪主として最後を見届けます。墓石・散骨等、ご希望の方法で埋葬をします。 家の片付け解約・売却 家の一切の片付けを業者様に依頼します。家にある換金できるものは換金をします。
公共料金死亡届手続き 公共料金の支払いから、解約、死亡届けや年金手続きなどの公的な手続きを代行します。 kaigoshisetsu.png 死亡後の病院への身元の引き取りから、病院、介護施設の退院・退所手続きを行います。
ieyoshokin.png 不動産や預貯金などの財産の処分や売却、名義変更、寄付、遺産分割の手続きを代行します。 メール・SNSアカウント削除 プライバシーに関するメールやSNS、Facebookのアカウント等の削除も代行します。

「親族に負担をかけたくない・・・」
「やらなければいけないけれど面倒・・・」
「任せられる親族がいない・・・」
 
そんな死後に必要な手続きを一括サポートさせていただきます。
それが、死後事務委任契約です
 
サポート内容.png

お客様のメリット


おばあさn.png
「独身で亡くなった時のことを頼める人がない場合でも安心」
 
「自分が亡くなった後、家族に迷惑をかけずに済む」

「死後の手続きに関して一括で任せられる」
 
「葬儀などの自分の希望を、生前に伝えることができる」


おひとり様の遺品整理(死後事務委任契約)

家族や親族など身寄りのない方が亡くなると、全ての手続きが処理や手続きが必要になります。
もし、身寄りのない方が全てのことを行ってくれないと、役所や誰かが行ってくれるということはなく、
ただただ放置されることになります。

おひとり様の遺品整理死後事務委任契約

亡くなった後には、家の処分から財産の整理・処分、書類手続き等、どんな手続きがあるのか。
もし、身寄りがない方は、専門家がかわりに手続きを進めることができます。
 
 

遺品整理(死後事務委任)のご相談事例

当社でご相談をいただく、遺品整理(死後事務委任)のご相談事例をご紹介いたします。
 
 

亡くなった後に行わなければならないこと

具体的に、どのようなケースで、どのような内容の遺言を作成されることが多いのでしょうか?
当社にご相談いただいた具体的なご相談事例をご紹介します
 

死後事務委任をおすすめする方

お亡くなりになった後に、遺品整理の問題が起こりやすいパターンがあります。
それらを予防するために、遺品整理(死後事務委任)をおすすめする方をお伝えします。