福岡・東京・大阪で遺品・遺産整理のご相談はお任せください おひとり様の遺品・遺産整理

運営:株式会社ネクストイノベーション 行政書士事務所ネクストイノベーション

面談予約はこちら

お気軽にお問い合わせください 0120-48-1120 受付時間 9:00~18:00(平日) 土日相談(要予約)

  • トップ
  • ご相談から解決まで
  • サポート内容
  • 料金
  • 会社概要
  • お問い合わせ

遺言のご相談事例

夫婦でお互いの生活を守るために遺言を書きあうケース

 

ご相談内容

福岡さん夫婦にはお子様が居ませんでした。
自分が亡くなった後には、必ず配偶者の生活が困らないように
財産を残したいという思いがあり、ご相談にいらっしゃいました。
 

ご提案&解決までの流れ

子供が居なく、既に両親が死亡している場合、
遺産の一部は兄弟が分けることが法律では決まっています。
そのため、配偶者にのみ財産を残すためには遺言を作成することが
必要であることを説明し、遺言の作成を提案しました。
 

 結果

どちらが先に亡くなられても、心配せずに財産を残すことができるため、
安心していただくことができました。

看病をしてくれている隣人に遺産を残したい

ご相談内容

福岡さんは5年前に旦那様を亡くされ、長男の一郎さんと同居をしていましたが、
一郎さんにギャンブルを行う癖があり、何度もお金を貸しては返ってこないということでお悩みでした。
また、自分の介護の面倒を看てもらうことができず、近くに住んでいた田中さんが
病院までの送り迎えや看病をいつも行ってくれていました。
 
そこで、自分が亡くなった後には田中さんに遺産を渡したいという想いがあり、
遺言の相談にいらっしゃいました。
 

ご提案&解決までの流れ

田中さんには相続権が通常はありませんでしたので、
遺言を書くことで財産をお渡しできることを説明しました。
また、適切に遺言を実行されることができる、公正証書遺言の作成と
遺言執行をお受けしました。
 

 結果

福岡さんは安心をして、田中さんにこれまでの恩を返すことができることを
喜んでいただき、遺言を作成することができました。

介護施設入居のために入居資金が必要になったご相談

ご相談内容

博多市にお住まいの澄江さんは、5年前に夫を亡くし、現在一人暮らしをされています。
娘の奈津子さんは結婚後大阪で暮らしており、澄江さんの面倒をみることが難しい状況です。
最近澄江さんの体調が悪くなっていることから、遺言を書きたいというご希望でご相談にいらっしゃいました。
 

 司法書士の提案&お手伝い

お話を伺っているうちに、自分が老いていくことに対する不安から、本当は老人ホームに入居することを希望されているということが分かりました。
自宅を財産として娘さんに渡す場合、固定資産税や登録免許税などの費用がかかってしまうことやメンテナンスが必要であることをお伝えしました。
また、介護施設の入居費用が心配であるとういことでしたので、自宅を売却して入居資金を作ることも提案いたしました。 
澄江さんは、とても安心されたようで、遺言の作成と老人ホーム入居に向けたご準備を始められました。
 

 結果

 査定を行ったところ、老人ホームへの入居資金以上の金額であることがわかったため、残りの財産を自分の医療費や葬儀代金に引き当てたあと、残りを娘の奈津子さんに受け継ぐ旨の遺言を作成することができました。
 

遺言

ご自身が将来、財産をご家族にどのように引き継ぎたいかをあらかじめ決めておくことで、不要なトラブルを防ぐことができます。

遺言の種類

遺言にはいくつもの種類があります。
お客様にあった遺言の選び方のポイントをお伝えします。
 

遺言の作成

遺言の作成方法には決まりがあります。
作成方法のポイントをお伝えします。
 

遺言のご相談事例

具体的に、どのようなケースで、どのような内容の遺言を作成されることが多いのでしょうか?
当社にご相談いただいた具体的なご相談事例をご紹介します
 

遺言執行

遺言を作成した後、その内容がご本人が亡くなった後に確実に実現されなければ意味がありません。
遺言の内容に沿って相続手続きを仕切っていくことを、「遺言執行」といいます。
 

遺言をおすすめする方

相続トラブルが起こりやすいパターンは決まっています。
それらを予防するために、専門家として遺言の作成をおすすめするケースをお伝えします。